ちょいとロディアに独り言...

文房具とかお酒とかバーとか、思いついたことをロディアに書いてはちぎって捨てるようにいろいろと書きなぐっていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エルバン ココアブラウン

エルバンのインクがまた増えてしまいました(笑

まだ猛暑が続いてますが、夏は『萌』とブルーアズールを入手したので、そろそろ秋に向けてのインクが欲しいな、と。
秋と言えば、やっぱり茶系でしょ、と。
エルバンの茶系と言えば、ココアブラウンかアイランドカフェでしょ、と。

060820_002.jpgアイルランドカフェと迷ったのですが、落ち着きのある渋い茶色が欲しくて今回はココアブラウンに。

ココアブラウンは書いてる時はほとんど黒にしか見えないのに、乾いてくるとしっとりとした茶色が出てきます。
茶色と言ってもこげ茶のような、ブルーインクに対してのブルーブラックみたいな位置付けの色ですね。
この落ち着きようはまさに秋にピッタリじゃないかと気に入りました(^^)

060820_001.jpg同じ茶系のティエラ・デル・フエゴとモンブランのセピアも載せてみました。
しっとりと落ち着いた茶色はまさに涼しくなってきた秋を想わせる色。

連日の猛暑にだいぶへばってきました(汗
早く秋が来て欲しいですね~。
  1. 2006/08/20(日) 20:00:15|
  2. インク
  3. | コメント:2

エルバン ブルーアズール、インヴィジブル インク

チャラララララ~♪ チャララララ ラ~ララ~♪

懐かしいですね、ポール・モーリアの『恋は水色』(笑

1ヶ月ほど前に入手した LAMY サファリのロイヤルブルーが買った時に少し使っただけでそのまま放置され、これではいかんでしょうとこの万年筆を使いたくなるインクを探してみました。

そこで買ってきたのが、エルバンのブルーアズール。

060729_002.jpgほら、ブルーアズールとロイヤルブルー万年筆が『水色の恋』しちゃった(*´∀`)
っと(^_^;)、いい色ですね~。とても爽やかな水色で。
この手の薄い色は太目のニブに合うだろうと思い、ロイヤルブルー万年筆がちょうどMニブだったこともあって、相性バッチリ♪
暑中見舞いは LAMY のターコイズで書いたのですが、こっちの方が良かったかなぁ(^_^;)


で、もうひとつ。目に付いたのがインヴィジブルインク。
ご存知の方も多いと思いますが、あぶり出しのインクですね。

060729_004.jpgこちらです。見えませんね(笑
決して白紙を置いたんじゃないですよ(^_^;)
このように通常見えないのが・・・・


060729_005.jpgよくわかりませんね(@_@;)\☆baki
ライターであぶってみたんですが、どのぐらい火を近付ければいいのか、またどのぐらいあぶってればいいのか掴めず(^_^;)
右下は焦げちゃってるし(笑
でも、うっすらと出てるのわかりますかね?

でもね、これね、時間が経つとだんだん色が消えていくんですよ(^_^;)
だから、写真を撮る時に焦る焦る(笑

最初はガラスペンで書いてみたのですが、やっぱり細いとあぶり出してもあまりよく見えず。
ミニ檸檬万年筆をつけペン状態で使って書いてみたら、それなりに見えるようになりましたので、太目のペン先を使った方がいいですね。

ついでに、先日作ってもらったインク工房のオリジナルインク『萌』を入れる万年筆も決まりましたので、興味のある方は「続きは読む」からどうぞ。

エルバン ブルーアズール、インヴィジブル インク
  1. 2006/07/29(土) 20:12:39|
  2. インク
  3. | コメント:3

みどり・ミドリ・緑

某所で名古屋にインクブレンダーの石丸さんが来る事を教えてもらい、この日が来るのをずっと待っていました。

この情報を2ヶ月も前に聞いていたのですが、直前までどういうインクを作るか決まらず(^_^;)
やはりここは夏ということもあって、緑がいいだろうと緑色のインクを作ってもらうことに決めました。

060724_001.jpgどきどきしながら作ってもらったインク。
名前は『萌』です。決して流行りに乗った訳ではありません(笑
「元気が出る緑」「夏の草原のような緑」と石丸さんに説明。「う~ん」と少し考えて配合してもらった色がまさにイメージ通り!


060724_002.jpg手持ちの緑色インクとの比較です。
写真から分かりますかね?
濃いところはいかにも緑。薄いところは少し黄緑がかってるんです。
そう、草原の影と日に当たったところのように。

もう、噂には聞いてましたけど、本当にイメージにピッタリの色を作っていただけるんですね。
もう、ウッキウキで帰ってきましたよ(笑

で、ちょっとこの話題とは外れるのですが、ペンクリも同時開催してましたのでこちらもお願いしてきました。

みどり・ミドリ・緑
  1. 2006/07/24(月) 19:47:33|
  2. インク
  3. | コメント:4

エルバン ティエラ・デル・フエゴ

某所でエルバンのインクの話題が続き、茶系のインクが欲しいなと思い、かつてから「危険なお店」と言ってるところへ行ってきました。

昨日のハイエース万年筆 中字もそこで購入したものです。

持ってる茶系のインクはモンブランのセピアしかなく、もう少し違った茶色も欲しいなと思って探してみました。

060710_002.jpgそれで、購入にしたのが「ティエラ・デル・フエゴ」。
「アイランド・カフェ」と悩んだのですがラベルの絵に惹かれてしまいました(^_^;)
夕焼け色という意味でこういう絵なのでしょうかね・・・

ということで、インプレッションはお馴染みの自筆で(笑

060710_001.jpg今回ペリカノのオレンジに入れてみましたが、微妙に胴軸との色が合わないかなぁ。
インクのために万年筆探すにしても、これは難しいな(^_^;)

  1. 2006/07/10(月) 20:45:45|
  2. インク
  3. | コメント:2

エルバン ビルマの琥珀

「ビルマの竪琴」じゃないっすよ。
でも良かったっすね、中井貴一。もう1回見てみようかな。
DVDに字幕もあったら・・・

ということで、だんだんいきなり脱線して始めるのが定例になりつつあるせんべえです。こんばんは。

さて、2006.03.08にエントリーしました、LAMYサファリ・オレンジに入れたインクです。

060308_015.jpgエルバン ビルマの琥珀でございます♪



サファリのオレンジに合わせるインクを何にしようと小一時間ほど悩んだのですが、以前にアルマーニさんがエントリーされていてずっと頭の中に引っかかっていたこのインクがピンと来て、例の危険なお店で購入。

実際は、エルバンのインクにはいかにもオレンジという感じの「インディアンオレンジ」というインクがあったのですが、これは危険なお店には無く、「う~む」と見てるうちに「ビルマの琥珀」を見つけてアルマーニさんのエントリーを思い出したという次第です(^_^;)

ともっちさんに譲っていただいたLAMYサファリ・オレンジはFニブでしたが、これがいかにもLAMYらしいFの太さで、このインクの色合い的にも合ってる太さだと感じました(^^)

ということで、締めはこのインクで書いた私の所感を肉筆で。


060311_001.jpg


《リンク先》
Pen-House:J.HERBIN エルバン ボトルインク 万年筆用インク 香りつきインク 羽根ペン シーリングワックス スタンプ
ともっちさん:もの!モノ!!mono!!!

《TB先》
Tiny Happy Days:【文】エルバンの琥珀色
Pencil Case - Part 2:エルバン AMBRE DE BIRMANIE
  1. 2006/03/11(土) 21:46:04|
  2. インク
  3. | コメント:11
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。