ちょいとロディアに独り言...

文房具とかお酒とかバーとか、思いついたことをロディアに書いてはちぎって捨てるようにいろいろと書きなぐっていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

正月なのでお許しを(笑

聖祥さんのコメントに触発され、今日もお酒について語らせていただきます(^m^)

まずは、manuさんの「自分のペースで飲ませてくれぃ」というコメントを発端に聖祥さんからこんな質問が。

ビールを途中から注がれるの好きじゃないので、放っておいてほしい。どうせ、「飲兵衛」だとバレテいるので手酌でOKだし。
なので、私と飲むと「注ぎません」ですわよ~。
う。manuさんと飲むといいかも(^^)
せんべえさんは、注いでもらいたい方ですか?



いい質問ですねぇ(笑

まず、これ、恐らく酒飲みの方はほぼみなさんが断言されると思うのですが、注がれるのは好きじゃないと思うんです。
まず、manuさんもおっしゃっている「自分のペースで飲みたい」、これが第一の理由でしょう。
例えば、「ちょっと飲み過ぎたな。ここで一休みするか。」と思った時、まさにその時! 隣の先輩が「まぁ、飲め飲め」と並々とビールを注いでしまった!
注がれたらとりあえず一口飲みます。しかし、一休みしたい。
ここでジレンマが起きるんですよね。
このまま置いといたら一休み終わった後にはビールが温くなり炭酸も抜けてまずくなる。しかし、おいしいうちに飲んでおこうと飲み干してしまったらまた注がれてしまい、一休みできなくなるどころか自分のペースで飲めなくなる。
このジレンマ! これが嫌いです、僕(^_^;)

バーなんかですと「次はどうされますか?」と聞かれた時に「ちょっとペースが速かったから一休みするわ」と答えるとスッと水が出てくる。こういう間がたまらなかったりしますね。

そして、聖祥さんがおっしゃった「途中から注がれるの好きじゃない」、これも理由の一つに上がると思います。
基本的にお酒というのはグラスに注いだ瞬間から味が落ちていくものと思います。
まぁ、ワインの空気を含んで丸くなるとかウイスキーやブランデーの香りが広がるとか、グラスに入れたことによって効果が上がるものもあるかもしれませんが、それも銘柄によって良し悪しがあったりするもの。
その味が落ちたお酒に新たに味の落ちてないお酒を注ぎ足すというのは、いつまで経っても新鮮な味の良いお酒が飲めないということにも繋がると思うんですよね。
特に、ウイスキーやブランデーは飲み終わった後のグラスの香りを楽しむという行程も大事だったりするので、途中で注がれたらこれが楽しめない!
なので、僕もこれは嫌いです(^_^;)

そして僕は注がれるのが嫌いな理由に新たな理由を加えます。
『ビールをいつまでも注がれたら、そろそろビール止めて他のものを飲みたいという時のタイミングが取りづらい!』
これ、結構ありませんか?(^_^;)

まぁ、「飲まずにほっておいて他のもの飲めばいいじゃん」ってみなさん思いますよね?
なぜか、僕これなかなかできないんですよ(^_^;)
大学の頃の体育会系の上下体質が染み付いてるのか、上の人に注がれた酒は飲まなきゃいけないという強迫観念があって。
で、他のものを飲みたい時には注がれるのを断って頼むわけで。
そこになんか申し訳なさとか漂うんですよ、僕の中で(^_^;)
ということもあって、注がれるのが好きじゃないというだけでなく、あまり上下関係があるところで飲みたくないというのもあります。
やっぱりお酒は気心知れた人間だけで、なんのわだかまりもなく飲むのが一番楽しいな、と思います。

あぁ、まだクリスマスから年末に飲んだワインとスパークリングワインの紹介や、お酒に関する本の紹介もしたかったのに語りすぎてしまった(^_^;)
ということで、これらの話は次回に回したいと思います(笑

しばらくお酒の話が続きますがお許しを(^_^;)
  1. 2007/01/04(木) 22:23:33|
  2. | コメント:9

懐かしい~♪

久しぶりに文具ネタから離れて。
1970年前後にお生まれの方に懐かしいネタを。

060803_001.jpgセブンイレブンで見つけた懐かしいものを♪
あちこちで見るおまけネタに影響されたわけじゃないですよ?(笑
'80年代ってまさに少年期から青春期まで過ごした10年なんだよなぁ。輝いてた頃だよなぁ(^_^;)


060803_003.jpgそのまま飲むのも芸がないんで(ネタにならないんで、とも言う)、ジンと合わせて『アメリカ・ジン』カクテルでも作りましょうかね♪
ただ、グラスに氷入れてジンとコーラを混ぜるだけなんですけどね(笑
しかし、コーラ飲むのって久しぶりだなぁ。
それにしても、このスクリューキャップは実に残念。嬉々としてソムリエ・ナイフ(栓抜き付き)を用意したのに。


060803_004.jpgしかし、懐かしいなぁ、スーパー・ヨーヨー。
でも、なんか軽く感じるんだけど・・・昔のはガラスっぽい材質で重かったですよね?


このところ、'80年代にヒットしたものが次々に出てきますよね。
僕が知るだけでも、ルービック・キューブやディスコ(クラブじゃなくてね)。

そうそう、おまけと言えば・・・

懐かしい~♪
  1. 2006/08/03(木) 20:13:49|
  2. | コメント:7

イエロー・テイル・メルロー

久しぶりに酒ネタで。

聖祥さんのところで教えていただいた家飲みワインのリスト。
自分の家飲みワインの定番がサンライズやイエロー・テイルのカベルネ・ソーヴィニヨンだったのですが、コメントでいただいた聖祥さんのこの言葉で俄然メルロー種のワインをじっくり味わいたいなと思いました。

今はもっとパンチよりも複雑な味や香りを好みだし、メルローやシラーズが好きになりました。



060224_002.jpg

ということで、イエロー・テイルのメルローを買ってきました(^^)/
手前にあるのは自分で作ったつまみの、チーズ+きゅうり入りちくわです(笑
「作ったって言っても、ちくわの穴に入れるだけやん」とお思いかもしれませんが、チーズを入れるのはなかなか苦労したんですよ(^_^;)

ボトルの口辺りにぶらさがっているのは、おまけで付いていたキーホルダーです(笑

で、肝心のワインの味ですが、まさしく・・・

これは、驚きました。香り高くてホントおいしいです!


その通りっ!

いや、ビックリしました。これだけ香りも味もフルーティーさがあるのに、喉を通った後、かわるがわるいろんな香味の戻りが出てくるんですよ。
これで980円(今日は特価で880円で買えました 笑)とは。

ホントはハーディ スタンプ・シリーズが欲しかったんですけど、これはあいにく今日行ったスーパーではありませんでした。
しかし、キュベミティークはありましたんで、次回はこれにしようかと・・・ふふふ♪

いいワインを教えていただいてありがとうございましたっ!(^^)/>聖祥さん

#ガブ飲みするなら、こっちも良さそうですよ(笑>U凪さん

《TB先》
Stationery Page Blog:安!ワイン♪
  1. 2006/02/24(金) 20:37:52|
  2. | コメント:9

カクテルを作りましょう♪

今日は少し暖かかったので、久しぶりにシェーカーを振ってカクテルを作りましょう♪

まずは、道具と材料を用意します。

20060115_000.jpg

今日作るカクテルは、私が大好きなジンとライムを使ったギムレットです♪

カクテルを作りましょう♪
  1. 2006/01/15(日) 22:21:56|
  2. | コメント:2

お酒の話題もたまには書かんと(^_^;)

「いかに文具熱を仕事に生かすか」と言いながら、新年一発目のレポートはお酒で(笑
今飲んでるものですから(^_^;)

毎年、元旦を迎えるにあたっていつも買わないお酒を買ってます。
昨年は、【正規品よりカッコ良い】シーバス リーガル 12年 並行 缶入 700ml 40度(Chivas Regal 1...シーバス リーガル 12年でした。

バーに行くともっぱらシングルモルトが多いのですが、家ではブレンデッド・ウイスキーばかり飲んでます。
味にとげがないので、気楽にゆっくり飲めるのがブレンデッドのいいところですね。

今年は、サントリー ピュアモルト ウイスキー『北杜』 12年 660ml 40度(Suntory Pure Malt Whi...北杜 12年にしました。

これはちょっとした思い出のウイスキーなんです。
昨年はサントリーの山崎蒸留所に行った事もあり、サントリーにしようかと。でもこの北杜のキーモルトはサントリー 白州 12年 700ml 43度(Suntory 12YO Pure Malt Limited Whisky)白州 12年なんですが(笑
まぁ、山崎も入ってるのでよしとしようかな、と(^_^;)

そもそも、昨年はニッカの余市も行ったのですが、ニッカ派の僕が今回ニッカのウイスキーにしなかったのは別の思い出もあったからということで。何の思い出かは秘密ということでお願いします(笑

この北杜、実にいい出来だと思います。
山崎の甘さと白州のスモーキーさがバランスを取っていい香味を生み出してる感じ。
ジョニ黒やシーバス リーガルに負けないブレンデッドだと思います。

さて、昨年末の東京文具購入巡回では文具店ばかりじゃなく、気になっていたバーにも行ってきました。
このバーが伊東屋がある銀座にあるということは、神が行けと命じているのだなという勝手な解釈で(笑

今回行ったバーの名前は『フォーシーズン』。

大槻さんのバー・オーパでNo.2だった勝亦さんが独立して始められたバー・フォーシーズンに行って来ました。

銀座のバーとしてはそこそこのお値段ですが、雰囲気は銀座にふさわしいバリバリのオーセンティックバー。
元々、勝亦さんの柔らかい物腰に、結婚された元帯広のバーのオーナーだった寛子さんの人情味のある笑顔が相まってかなり優しい雰囲気のバーで居心地がよかったです♪

そのおかげか、平日なのに常に満席状態でまったく客が途切れず、以前名古屋の行き着けのバーの話が縁でオーパにいる時の勝亦さんと話をさせてもらったのですが今回は話ができませんでした。

ただ、カウンターの中の接客が上記の通り優しさであふれていたので、その雰囲気にぴったりの柔らかい味のカクテルを飲みながら、まったりと至福の時を過ごして来ました♪

私は、All Aboutの記事を見てこの店を見つけましたので、興味のある方、店内の様子や詳しい情報を知りたい方は↓のAll Aboutの記事をぜひご覧ください。

《リンク》
この店の、この一杯。第52回 銀座『バー・フォーシーズンズ』 - [ウイスキー&バー]All About
  1. 2006/01/01(日) 22:15:03|
  2. | コメント:0
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。