ちょいとロディアに独り言...

文房具とかお酒とかバーとか、思いついたことをロディアに書いてはちぎって捨てるようにいろいろと書きなぐっていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

万年筆が欲しくなる本

万年筆が欲しくなる本―HEART LINE BOOK 2007 万年筆が欲しくなる本―HEART LINE BOOK 2007
(2006/12)
ワールドフォトプレス
この商品の詳細を見る

今月11日に発売されたこの本、入手してきました。

それぞれ「初心者用の万年筆(男・女性編)」や「ラブレターに使いたい万年筆(男・女性編)」とシチュエーションや性別ごとに、それはそれはもうまさに『欲しくなる』どころか『元々欲しかった』万年筆がずらりと美しい写真で並んでます(笑

ただねぇ、これ・・・・・・
もっと早く見てたらかなり衝動買いしてたかもしれないんですけど、今回はこれを見ても抑える事ができたんです。

なぜ抑えることができたかは“インク祭り”が終わった頃にわかるかもしれません(笑
スポンサーサイト
  1. 2006/12/15(金) 23:37:40|
  2. 本・雑誌
  3. | コメント:4

溜まる一方

いや、ナニが?ってナニじゃないっすよ(@_@;)\☆baki

『積ん読』が溜まっちゃってるんですよねぇ。
現在の積ん読状況はこの4冊。

わたしの文房具 わたしの文房具
木村 衣有子 (2006/09)
ベストセラーズ
この商品の詳細を見る

ノート&ダイアリースタイルブック ノート&ダイアリースタイルブック
(2006/10)
〓出版社

この商品の詳細を見る

文房具スタイル 文房具スタイル
(2006/10)
ワールドフォトプレス

この商品の詳細を見る

Real Design (リアル・デザイン) 2006年 12月号 [雑誌] Real Design (リアル・デザイン) 2006年 12月号 [雑誌]
(2006/10/16)
エイ出版社

この商品の詳細を見る


ステーショナリー・ブロガーさんのエントリーやmixiでのマイミクの方のオススメ本なんかを見て、「おぉ、これは面白そうだ」と買い続けても本を読む時間が無い・・・無いんじゃなくて、わざわざ「本を読もう」という時間を作らないと読まないんですよね。

転職前は通勤時間を利用して本を読んでたんですよね。
転職後引っ越し前はわざわざ喫茶店に行って本を読む時間を作ってたんですよね。
で、引っ越し後の今、喫茶店に行くことも無くなっちゃって本を読む時間を作るきっかけがない、と。
家にいて本を読むきっかけ作りをしないといけないかなぁ。

溜まる一方
  1. 2006/11/07(火) 10:37:41|
  2. 本・雑誌
  3. | コメント:4

7月に買った本

転職して電車通勤から車通勤に変わった事もあり、とんと本を読まなくなってしまいました。
転職したての頃は出勤前、出勤後などに喫茶店に行って読んだりしていたのですが、それもだんだんやらなくなってしまって。

でも、暑中見舞というイベントがあるせいか、7月は久しぶりに本を買ってましたね。

手紙手帖―あの人は、どんな手紙をくれるかしら 手紙手帖―あの人は、どんな手紙をくれるかしら
木村 衣有子 (2005/06)
祥伝社

この商品の詳細を見る

1冊目がこの本。
手紙をよく書かれる方は恐らくお持ちの方も多いと思いますが、よくある手紙の書き方講座から始まって、銀座の文具店や紙屋さんなどの紹介、そして木村衣有子さんのご友人との手紙に関するインタビュー。
このインタビューが木村さんから手紙を出して、その返信も写真で載っていたりして、この章が一番面白かったですね。

木下綾乃のレターブック 木下綾乃のレターブック
木下 綾乃 (2006/01)
WAVE出版

この商品の詳細を見る

そして、お馴染みの木下綾乃さんの『レターブック』。

手紙を書きたくなったら 手紙を書きたくなったら
木下 綾乃 (2005/03)
WAVE出版

この商品の詳細を見る

こちらの『手紙を書きたくなったら』は既に読んでいたのですが、やはり木下綾乃さんのほのぼのとした口調の文面とイラスト、切手や便箋などの目を引くアイテムがたまりませんねぇ。

このところ、文具は確かに増えているのですが、どうも手紙に関連したものばかり増えているような気がします。

レターセットなど買う→インクが欲しくなる→それを入れる万年筆が欲しくなる、というパターンや、

レターセットなど買う→珍しい万年筆見つけちゃった→それに入れるインクが欲しくなる、というパターンになってるような気が。

なので、暑中見舞を書き終えて、ピタッと文具を買ってないような気がするんですよね(^_^;)
まぁ、どうせそのうち何だかんだと買うんでしょうけどね・・・(笑

で、7月に買った本はもう1冊・・・


かまわぬの手ぬぐい使い方手帖 かまわぬの手ぬぐい使い方手帖
かまわぬ (2006/05/17)
河出書房新社

この商品の詳細を見る

やっぱりこれも買っちゃいました(笑
  1. 2006/08/01(火) 19:34:23|
  2. 本・雑誌
  3. | コメント:6

文房具と旅をしよう

文房具と旅をしよう
文房具と旅をしよう
寺村 栄次、浅井 良子 他 (2001/09)
ブルースインターアクションズ

この商品の詳細を見る


ステーショナリー・ブロガーの皆様は既にこれをお持ちの方が多いでしょうね。
ヨーロッパの各地を回りながらの旅行記と素敵な写真で紹介された文房具。特に郵便関連のモノはどれもこれも素敵ですね~♪

ウイスキーの本でもスコットランドやアイルランドの旅行記になってる同じような本があります。

もし僕らのことばがウィスキーであったなら
もし僕らのことばがウィスキーであったなら
村上 春樹 (2002/10)
新潮社

この商品の詳細を見る


その中でお気に入りなのがこれです。
これを読んでからどれだけスコットランドに行きたくなったことか(^_^;)

「文房具と旅をしよう」は軽い言葉のタッチがほのぼのとさせてくれ、素敵な写真で心を躍らせてくれます。
こういう本を読むと海外は無理でも旅行に行って、その地でしか出会えないモノと出会いたいと思いますよね(^^)

これを読みたいと思ったきっかけは、もちろん来週末に行く東京旅行があるから♪
でも、銀座巡りだけでなく表参道ヒルズに行くことも予定に追加しちゃったから本郷まで行く時間があるかなぁ...
またプランタン銀座店には行ってこようかな(^^)
  1. 2006/05/20(土) 23:33:21|
  2. 本・雑誌
  3. | コメント:0

STATIONERY magazine No.2



ステーショナリー・ブロガーの皆様の間でエントリーがいくつか出ておりますが、ご多分に漏れず私も購入♪

今号で惹かれたのが、WILD SWANSのメモカバー
もともとサイトでこういうロディア No.11用のカバーが出ることは知っていたのですが、ここまで詳細な写真を見せられてしまうと・・・(汗

しかし、予価3万円ですか・・・うーん。う~~ん(汗
  1. 2006/04/28(金) 23:22:53|
  2. 本・雑誌
  3. | コメント:8
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。